さんあし’s blog

FPSゲーム向け設定についての記事を主に書きます

AVAの解像度のお話

こんにちは

早速ですが、グラフィックボードがNVIDIA製以外の方はこの記事では紹介していないので、自力で考えてください 情弱じゃなければ自分で項目は探せると思います

それとこれは僕が最初に気づいたとかそういうわけではなく誰かのブログを見て自分も気づいて自分も発信しようと思っただけです パクリです

とりあえずお前の考えはいいから設定教えろって人はこちらへ

AVAの解像度によって反動が変わるなんて言うお話がありますが

解像度ではなくアスペクト比が正しいと思っています

16:9>4:3>5:4の順に反動が大きいです

AVAは元々5:4解像度用で作られており他のアスペクト比は縦が切れている分反動の跳ねる大きさは変わらないので反動が大きく感じる と自分は解釈しています

でも低解像度の方がリコイルし易いなんていうのも聞いたことあるんじゃないでしょうか

低解像度で5:4がつまり最強だと思います。好みはあると思いますが

 ですが、何も設定をしていないとAVAでは1280x1024の5:4しかないと思います

そこでNVIDIA側で解像度を作成することでAVA側に設定を出現させることができます

 

 

本題

  • デスクトップ右クリックからNVIDIAコントロールパネル
  • ディスプレイタブの解像度の変更、カスタマイズから
  • カスタム解像度の作成
  • 水平ピクセル 800 垂直ライン640 を入力しテスト
  • 問題なければそのまま保存
  • これで解像度を作成した後にAVAを起動すると環境設定に800x640が追加されてます

以上です

 

個人的にLion系はかなり体感リコイル楽です

Diemacoとかはそんな感じないです

AVAはアスペクト比によって縦は切れても横は切られないのでクソみたいに縦長にしても反動小さいんじゃないでしょうか?やったことはありませんが

1:1も面白かったりします

 自分で考えて独自の比率を探すのも面白いかもしれませんね

 

なんかこれチート臭くねとか思う方が万に一人くらいいてもおかしくないと思いますが、AVAのプログラムを改ざんしてるわけではないのでセーフです

でもそれモク透けもじゃんって思う方はやらないでいいと思います